メンズ

Webサイト制作で伝えたいことを伝えよう|信頼できる業者を選ぶ

良好な関係を築く

WEBサイト

企業の看板を背負うテレマーケティング

最近ではテレマーケティングの重要性が認知され、どの企業もテレマーケティングに力を注いでおり、大手企業ほど、その動きは顕著である。販売を促進するだけの電話勧誘販売とは異なり、お客からのコールセンターサービスも行う。もちろん、資料請求や販売促進も行うのだが、あくまで主役は顧客であり、テレマーケティングの目指す方向性は、顧客との長期にわたる良好な関係を築くことにあるだろう。企業の宣伝方法としては、昔からあるテレビ広告等もあるが、最近ではインターネットによる広告が不可欠で、それらの広告をみて、買い手側は商品を選ぶことになる。その広告等には企業の窓口となる連絡先が記述してあり、これがテレマーケティングにつながるという仕組みだ。

事業の拡大及びその有用性

広告等だけでは品物等の概要しか伝わらず、最終的には企業側にコンタクトを取って、その品物等の説明を求めるわけだが、その窓口となるのがテレマーケティングである。当然、その役割は重要で、その対応如何によっては、みすみす顧客を逃がすことにもなる。丁寧な言葉使いはもちろんのこと、事務的な対応だけでは顧客に冷ややかな対応と思われがちなため、ときおりは親しみを込めた話し方もしなければならないだろう。テレマーケティングの接し方如何では、その企業の看板に泥をぬることにもなりかねず、テレマーケティング担当の育成には時間もかかる。担当者育成も重要であるが、今までのノウハウを生かすことも重要で、様々な対応の中で培った経験も大事であろう。